FC2ブログ

私の幸せな時間

0

狼陛下の花嫁 第63話 感想

扉が陛下と夕鈴が背中合わせになっている絵でした。
「すれちがい」を表しているのか。


夕鈴の潜入生活は、どうやら順調に進んでいた(笑)
弟君とも、母君ともそれなりにうまくいっているようで。
この弟君も、なんか小犬をさらに小さくしたような感じです。
弟ラブの夕鈴にはめちゃくちゃ可愛いようだけど、私としては、正直、こういう男の子にはあんまり萌えないですね~。
かわいいなとは思うんですけどね。

素直そうで、母親の愛情は間違いなく注がれて育っているんだろう。
でも素直すぎて、結局母親の操り人形になっているというか、うまく踊らされてるというか…。

母親もすごく息子や陛下想いのいい人に見えるんだけど…、陛下は見抜いてますね。さすが。
だからこそ、辺境に追いやったと。
それはやはり間違いないようで、母君、王都に戻って自分が力を得ることを企んでました。
息子がかわいいのは間違いないんだろうけど、でも自分の私欲のために利用しようとしてたりしてる。でも彼女本人にその意識がないようにも感じる。まあ、私がそう思ってしまうのはただの結果論てことになるのかな。

夕鈴は相変わらず、人を疑わない娘です。
弟君の陛下への憧れ、母君の息子と陛下への思いを信じ切ってしまい、上手くいくことをついつい願う。
でも夕鈴も母親の思惑を知ってしまう。
それはやっぱり自分が思い描く仲の良い兄弟を築くことは出来ないような思惑。

そんな母君に、王宮側の誰かが協力者としているのがわかったんだけど、夕鈴はどうやら最後まで聞いた様子。
これ、よく気付かれずにいたよね(笑)よくある話だと、ここで見つかって捕まってピンチになりそうなもんなのに。
まあそこは、突っこまないほうがいいんだよね、たぶん。
とまあ、夕鈴は浩大に屋敷を連れ出されちゃいました。突撃しそうな勢いだったらしい。いや夕鈴、それは危険すぎるわぁ。
とりあえず協力者の名前を聞いたらしい夕鈴は、陛下を助けるために王都へ戻るみたいです。
さ~~~~て、これから話が大きく変わっていくんだろうか。
離れ離れになってしまった陛下と夕鈴の再会。は、まだかもしれないけど。

後宮を出た夕鈴は、本来陛下とはもう会うことのない身。
それでも今は、まだ浩大や克右がいることで、陛下とつながっている。
結構来月ではあっさり再会しちゃったりなんかして。
さっきはまだかもなんて書いたけど。
あと協力者が誰かは特にまだ予想してないです。すでに出てきてる人だとは思うんだけど…。
柳兄だったりして。

とりあえず今月の感想は、まとめ的な感じになってしまいました…。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。