FC2ブログ

私の幸せな時間

0

狼陛下の花嫁 第51話 感想

こんばんはです!
驚いた方もいるかもしれませんが、狼陛下の花嫁の感想です!


何日か前の記事で、今月号は買っていないと書いたんですが、何人かの方々から残念だーという声をいただき、もうちょっと続けようかなと思いました。
どこまでいけるかわかりませんが、書いていこうと思います。


ではではさっそく!



「知人に会いに行く」という陛下のお忍び視察に同行する夕鈴。 (あらすじより)

お部屋が陛下と同室になっていた夕鈴。(そうでした、そうでした。そんなお話でした…。)
目覚めと共に陛下の裸が拝めるなんて、うらやましい…!

でも乙女の夕鈴にはちょっと、いやかなり?刺激的なお目覚めのようで。その動揺が新鮮だわ。
たぶん、陛下が着替えるまで寝たふりするつもりだったのかな。
狸根入りの夕鈴がかわいい。
そしてすぐにそれに気付く陛下もさすがだわ~。夕鈴にかける甘いセリフもはうう…!ってキュンキュンしますね。
でも男性に慣れてない夕鈴からしたら、陛下のそんな余裕の態度やセリフって恥ずかしさを通り越して、思わずムカついちゃうんだろうな~w


馬での移動中、陛下と夕鈴が同じ馬に。
それを見ている3人の気持ちと表情が、ほんとそれぞれ違ってて面白い。
「あの二人ほんと仲いいな~」的に普通に見てる克右。
陛下が異様に夕鈴に構う姿に不安と不満を募らせていく李順。
陛下と夕鈴の仲を面白がるようにみてる浩大。

ここでの陛下の言葉なんだけど、一体どういう思いなんでしょうね。
妻や掃除婦とか立場がどう変わろうが、夕鈴は夕鈴という気持ちで、いつもと変わらない感じに接しているんだろうか。それとも陛下として、妃ではない夕鈴に対して少しは変化をつけているつもりなんだろうか。
現時点では前者に見えるんだけど。
でもそれって夕鈴の立場が危うくなりそうだし、李順もかなり警戒してるんだけどなー。そこはやっぱり、もともと自由で自分勝手な陛下ということなのか、気にしないってことなのかな。自分は夕鈴に構いたいんだー!!って。
…それって、ほんと困った陛下です…。


陛下と別行動になった夕鈴。
克右と情報収集の中、あまりに広まる悪評に悲しさと怒りを表す夕鈴にキュンとする。あの表情はグッと来たよ。
そんな夕鈴の言葉や態度に嘘はないと感じて感心する克右もいい。
話の流れから恋人じゃないと否定する夕鈴。
今は陛下のことを好きだと自覚しているから、自分の口から陛下とはそんな立場じゃないっていうことに傷ついちゃうんだよね。そんな風にはなれない、先のない恋なんだって改めて嫌でも思い知るんだし…。
思わず涙がにじんでくるのも仕方ない!夕鈴、切ないな~…。

そしてそんなタイミングで現れちゃうのが陛下です。『なに僕の夕鈴を泣かせているんだ』という陛下の抑えた怒りが、ああ…、なんか怖いです。
克右、ほんととばっちりだよねw彼には全く悪気はないんだし。彼が見る限り、陛下が珍しく特定の女性を側に置いてるし、仲も良さげ。夕鈴が否定するのも、立場とかから否定するしかないとしか思ってなかったと思うもん。突然泣かれて焦っただろうし、そこに陛下とか、背筋も凍るよね。

最後に陛下が会いに来た人って、母親違いの弟だということが判明。
おお!陛下の身内二人目の登場だ。
どんな美青年なのか気になるね~。そして陛下との関係も。仲がいいのかとかね。
陛下の謎に包まれてる部分が少しずつ出てきてるのかな。



関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。