FC2ブログ

私の幸せな時間

2

ヴァンパイア騎士Web小説 「優姫の贈り物」 第1回 感想

Web小説でヴァンパイア騎士が読めると知っていたにもかかわらず、最近は全く確認をしていなかったため、気が付いたらいつの間にか公開されていたという…。
アイタタターーーーー。
まったく、何やってるんだって感じです。

ヴァンパイア騎士のWEB小説が読めるのはこちら↓
WEB白泉社ノベルズ

では、感想に入ります。

ネタバレあります

まず私は大きな勘違いをしていたことに気づきました。
てっきり普通に一つのお話を最初から最後まで読めるものと思ってました。
でもWeb小説は第1回、第2回と続き物になっています。
ななな、なんということでしょう。
これ、続き物だったんですね~。驚きました。
ということは、全何話になるかはわからないけど、しばらくは連載ものみたいに定期的に更新されるのを待つ楽しみというものができるわけですね。


話は優姫と枢さまが玖蘭の屋敷に戻ったばかりの頃のお話。
藍堂が優姫の教育係として勉強を教えているあたりでした。

あらすじを簡単に書くとすれば、
藍堂のテストで優姫がついに100点を取ることができ、うれしさのあまり優姫はすぐに枢さまのところへ駆けて行ってご報告。
以来、毎夜、枢さまからのお祝いのプレゼント攻撃が続いて…。
というもの。

なんか元気な優姫っていうのをすごく久々に見た、いや、読んだ気がした。こういうノリはもうず~っとなかったから懐かしささえ感じた。
そして枢さまと優姫の生活が始まってからの、こうした平凡で穏やかな時間というものは作中ではほっとんど描かれず、それよりも吸血鬼に戻った優姫が人間と吸血鬼の狭間で苦しんでいる描写のほうが多かったから、読みだしたときは、正直、何となく違和感を覚えた。
でも本来はきっと、こんな時間もあったはずなんだよね…。
優姫にとってたとえ閉鎖的で、不自由であったとしても、枢さまのこれまでの気持ちを考えると、彼との時間を大切にしていたいって。
そんな限られた空間の中ではあったけど、確かに二人にはこんな時間もあったんだよね、きっと。

おっと、なんかずれちゃったかも。

100点のお祝いと称して毎日プレゼントを贈る枢さまがもうね…。
それまで我慢してた反動もあってか、優姫に何かしてあげたい、喜ばせたいという衝動が抑えられないんだろうなとすっごいわかる~。
しかも優姫も感じてたけど、高価なアクセサリーや洋服は遠慮しちゃうからと、お花やそれ以外のものでくるという、なんかそういう変に気を利かす?ところとかが、笑える。 (o^^o)ふふっ♪
もう枢さまったら、優姫が喜ぶのを想像しながらあれこれ考えては、とーーーーーーーーってもうれしそうに、嬉々としてやってるんだろうな~。 d(≧∀≦)bグーグー!!
なんか、そんな枢さまがかわいいと思うし、枢さまにとっては幸せで満たされてる時間でもあるんだろうな。

枢さまは吸血鬼たちの新たな体制を組もうとするのに忙しい中、たくさんのプレゼントを贈ってくれる。
優姫は彼の体を心配しながら、もらうばかりじゃなくて枢さまにも何かしてあげたいと思う。
そしてタイトルのように、優姫が枢さまにプレゼントをする。ってことになるんだろうとは思う。

はたして何を贈るんだろうな~。

枢さまの心を癒せるような気持ちや言葉、行動なのかな~と漠然と考えてしまう。
本編では描かれることが少なかった分、ここでは二人の幸せな風景が見れればいいな。


続きは9月上旬だそうです。


関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

-2 Comments

真央 says..."こんにちは!"
こんにちは( ´∀`)
私も、Web小説読みました!もぉー枢様可愛すぎです(*´ω`*)ニヤニヤしちゃいました。
こんな時期もあったなぁと改めて思い返しました。読んでて嬉しい半面、だんだんなんか悲しくなってきました(笑)この幸せが続いて欲しかったなぁーって…………。
本誌は終わってしまいましたが、こうやってWeb小説として話があるのは嬉しいですよね♪
9月の配信楽しみですね!
2013.08.27 23:36 | URL | #fBweyL1. [edit]
樹里 says..."真央さんへ"
まったくもって同じ意見です!
二人の姿を喜ぶ気持ちと、後の話を知ってるだけに逆に悲しみも感じてしまったりしました。
このお話では二人の幸せだった時間をいっぱい描いてほしいです。
しばらくはWeb小説で連載ものを体験できますね♪
2013.08.28 23:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。