FC2ブログ

9月号の感想です。


先月のあらすじ。(本誌より抜粋)
☆九条と頬に事故キスした柳は意識しまくり。様子が変なのを不審がる九条が、無防備に触れてきて我慢も限界に!!天体観測に向かう山道、真意を確かめようとするが突然の雨。そのまま二人は…。

というところまででしたね。

前回の終わり、我慢の限界からついに柳が九条に「どういうつもり?」と聞いたところまでは良かった。が、雨で遭難という不運。
二人っきりという境遇よりも、迷子になったという境遇は、やはり人間を冷静にはさせてくれないんですね~。帰り道がわからないというのは、想像以上にパニックになるんだろうな…。しかも実際は真っ暗だろうし。柳も軽く取り乱してるのがわかる。
その姿に、いつもの柳の姿を感じた九条は、どこか安心したようで、「私が送り届けてみせる」なんて、なんて頼もしいセリフを吐くんだwそれに思わずきゅんとしちゃう柳がまたおもしろいww所詮坊ちゃんという説明がとても分かりやすい。

一晩、二人きりで過ごすことに気付いた柳が、「無理無理無理」と思うところから始まり、男としての理性と本能の狭間で揺れ動く気持ちとか、九条への優しさとか、ホント柳の切ない想いが伝わってくるね。そして自分の気持ちに振り回されて、色々悩んでるのは自分だけで、九条にとってはやっと世界が開けた感じなんだと気付いていく流れはなんかよかった。柳が自分の気持ちはとりあえず置いといて、今の九条をまた受け入れられる柳は、優しくてかっこいいな。冷静に自分と九条の置かれてる位置を分析できたのは、やっぱり頭のよさなのかなw
振り回されて悩みながらも、一つ一つ傷ついたり、喜んだりする柳の姿が、なんかかわいい。
二人の、絶妙な距離感がたまらない。

藤本の言葉と、この一夜を境に、九条の中で柳に対する気持ちに変化が見えてきた。
気持ちは確実に恋に向かってるんだから、あとはどう自覚するかだよね~w

関連記事
スポンサーサイト



2012.08.19 / Top↑
Secret